読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

あらしのよるに

昨日のように、台風で雨風が吹き荒れる日。
嵐が過ぎ去るまで家の中でじっと待っている
そんな時、この絵本が思い浮かびました


f:id:m-hatch:20150826202815j:image

木村 裕一  作・あべ 弘士 絵    講談社

ある夜、突然の横殴りの雨と吹き荒れる風に
やっとの思いで古い小屋へ潜り込んだ白いヤギ。

暗闇の中で嵐が過ぎ去るまで
じっと待っていると…。

かつかつ、はあはあと息を吐きながら
誰かが雨宿りにやって来ました。
暗闇の中では声だけが聞こえて
お互いの姿は見えない。

そう、相手はなんとオオカミなのです。

けれど嵐の夜では同じ状況。
不安な夜、お互いの存在に安心感を抱き
会話が始まるのです。

ユーモアラスな会話の途中で、
相手が誰なのかが判ってしまったら、
このせまい小屋の中はいったい
どうなるのだろうと読んでいる内に
ハラハラドキドキ感が‼️


ようやく嵐もおさまり暗い夜の闇の中へ出る
ヤギとオオカミ。

相手が誰なのかまだわかりません。
そして明日のお昼に小屋の前で会う約束をして
別れるところで物語は終わるのですが…。

翌日にどんな結末を迎えるのか興味深々です。

真の友情とは…
相手を信じ、相手を思いやる事 。

親子で読み聞かせにお薦めの絵本です。📚






 






広告を非表示にする