読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

足元の小宇宙を見つめて ♪

野に咲く花で良く見かける花と言えば

細い針のような繊細な花びらの

 

f:id:m-hatch:20161212211035j:image

 

ヒメジョオン

 

雑草として見過ごされてしまう

道端に咲く一年草です。

 

f:id:m-hatch:20161212211106j:image

 

真っ直ぐに伸びている姿に
内に秘めた強さをも感じますよね。
 

 

そしてこの黄色い花も。

 いつも元気いっぱい ♪

 

f:id:m-hatch:20161212211159j:image

 

タンポポ

 

地面から覗く花の根は何と50cm以上から

最大1メートル程深く伸びているのだとか…‼︎

 

 

 

何気に見ていた雑草と呼ばれる草花。

何処にでも蔓延る雑草。。

けれど或る日、イメージを覆えされました。

 

それは… つい最近の事

 

NHKのドキュメンタリー

『足元の小宇宙     絵本作家と見つける生命のドラマ』

 

登場する 今年85歳で現役の

科学絵本作家である甲斐信枝さん。

 

自然への大きな愛情で描かれた

多数の絵本の中でも

代表作の「雑草のくらし」は

今もなお30年以上のロングセラーなのです。

  

f:id:m-hatch:20161212211448j:image

 

雑草のくらし −あき地の五年間−

福音館書店

 

畑の空き地を借り5年間

毎日雑草を観察し描いた絵本です。

 

雑草が逞しく生きる様は

まるで人間の一生の様でもあり

1年ごとに移り変わる雑草の

生きる戦いを繰り広げた壮大な絵本です。

 

久々に多いに楽しく雑草の見方も変わる

興味の尽きない絵本と出逢いました ^^

 

 

 

 

 

ヒヤシンスの球根の水栽培の容器を

ある有名なガーデニングのブロガーさんが

紹介されていたので早速作って みました。 

 

f:id:m-hatch:20161212211559j:image

 

ヒヤシンスの水栽培

 

ペットボトルを半分にカット。

上部分を逆さにして球根を乗せるだけで

簡単に出来ました ♪

 

f:id:m-hatch:20161212211624j:image

 

タップリと根を出してその成長を

眺め楽しめそうです。

 

これなら何個でも楽しめて

容器もいつでも用意できるので

嬉しい ♪

 

ガラス器にも球根を支える針金を掛けて

出来上がり〜 💓

 

f:id:m-hatch:20161212211655j:image

 

部屋中に漂うほのかな香りを楽しみに

ヒヤシンスの様に私も

春の気配を首を長くして待つことにします (*^_^*)

広告を非表示にする