はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

個性がいっぱい 💕

普段目にする職場の花壇では、
今はバラがひと際、華やかさを放っています。


f:id:m-hatch:20160518005429j:image

一斉に咲くバラの花



近づくと辺りに漂う芳香が…♪

f:id:m-hatch:20160518005502j:image

5月になると、その時を待っていたかのように
開く蕾たち。




そして、その傍らの芝生では、

f:id:m-hatch:20160518005530j:image


小さな花で見落しそうですが、
よ〜く見ると、可憐な装いで気品さえ感じられます。

バラと、ニワゼキショウと、それから…
みんなちがって、みんないい・・・ですよね ^_−☆



ふと、ある有名な詩のフレーズが思い浮かびました。

『鈴と、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい』

そう… 【 私と小鳥と鈴と】の1節です。

金子みすゞ ( 童謡作家)
『大正末期から昭和初期にかけて活躍し、26歳でこの世を去るまで
500編余の詩を綴ったとされている。』

草花にもそれぞれ特徴があり、違いも様々。
人にも性格が違うように・・・ 個性も様々。

違いがあるからこそ、
個性を認め合い大切な存在になるのですね。


そんな事を思ったりした或る日の午後でした。




少し遅れて、足早に帰る頃に見た夕焼けが、
私の頬を明るく照らしてくれているのかなぁ…、なんて (笑)

f:id:m-hatch:20160518005557j:image


大通りに出て見ると、
赤く染まった雲と紫色に変わる空が目前に。。

f:id:m-hatch:20160518005628j:image



信号が変わる度に幻想的な夕暮れの情景を、
いつもの様にひたすら家路を急ぐ事も忘れるほどに魅入っては、
何だか得した気分になるのでした ♪
広告を非表示にする