はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

仄かなトキメキ ?

ますます勢いが止まりません。
ぐいぐいと伸びるクリスマスローズ

南側の庭で育てているクリローですが、
やはり日光の当たる場所が良かったのでしょうか。

f:id:m-hatch:20160312223735j:image

クリスマスローズ・オリエンタリス

一輪の花を付けていたひと月前の姿からは
想像がつかないほど。

若い芽も育ってきっと大所帯になりそうです ^ ^

ひっそりと佇んでいた、2月20日 頃のクリスマスローズ

f:id:m-hatch:20160312223923j:image

もう一つの蕾は何処に隠れていたのでしょうね ♪




昨年の花後、土の中での眠りから目覚めて
再び咲いてくれました ♪

こんなにたくさん花を付けて、色も一段と
鮮やかに。

f:id:m-hatch:20160312224018j:image


春を待つかの様に自分で芽を出す姿は、
自然の力強さを秘めていそうです。




春の訪れはもう少しですね〜 ♪

いよいよ顔を出しましたよ。

土の中から春を告げに。

柔らかな緑の葉に優しく抱かれて、
地上に根を張り春を報せる使者が。

f:id:m-hatch:20160312224134j:image

チューリップ

ノースポールとの寄せ植えですが、
生まれたばかりの春の野草も一緒に    笑




玄関付近にもヒョッコリ首を伸ばして
道行く人を楽しそうに眺めている ?

f:id:m-hatch:20160312224208j:image

ムスカリくんたち

よくよく見れば出てくるタイミングを待っている
ムスカリベビーちゃんも覗いてる  ^ ^




毎年水栽培で花を咲かせた後、
土へ戻し眠っていた球根たちも
開花の舞台を戸外に変えて元気に再登場ですよ ♪

f:id:m-hatch:20160312224235j:image

ピンク色と白色のヒヤシンス

何かを囁きあっているように
向かいあって咲いています。

その横には花後に掘り返しては毎年植えている
チューリップも咲いてくれるかなぁ… ♪




ギリシャ語で風を意味する「アネモス」が名前の由来
との事。

見るからに花茎をもたげて一輪の花が
風にそよいでいる風情ですね。

f:id:m-hatch:20160312224626j:image


別名   ボタンイチゲ
開花時期    3月〜5月

花言葉     「君を愛す」




少しずつ春めきを感じては
寒の戻りに身をすくめる今日この頃ですが、
そよぐ風や陽射しの明るさに
ようやく長かった冬も終わりの予感がします。


1年ぶりの再会の約束を果たすかのように
次々とたくさんの種類の花や木々が現れて
目を見張るばかり。



アネモネ花言葉 「君を愛す 」と告白された様な
仄かなトキメキ感をこれから存分味わえそうな
春の予感です。(笑)

広告を非表示にする