読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

小さな幸せを感じながら 🍀

緑の葉の陰からようやく蕾が開き出そうとしています。

じ〜っと見つめられているのに気付いてか、
下を向く様子がはにかんでいる様にも見えて…  ^ ^

f:id:m-hatch:20160206221259j:image

クリスマスローズ

ついこの間までは固く閉じたままの蕾でしたが、
次第に花びらが濃い色に染まり
ふくよかで張りのある質感に変わっていました。

f:id:m-hatch:20160206221518j:image

蕾の頃のクリスマスローズ(約 1週間前)

こんなにも変身するものなのですね。
じっと栄養を蓄えていたのでしょうか?



自宅近くでは寒風が吹き抜ける場所の
片隅で元気に咲く菜の花たち。

f:id:m-hatch:20160206221636j:image

菜の花

萎える事なく元気いっぱいです。
このまま春まで咲き続けて欲しいものです。



野原の真ん中で名前も忘れられたまま、
一輪の薔薇が咲いているのに気が付きました。

思わず足を止めて、
「大丈夫だよ。一番綺麗に咲いているのわかっているよ〜 」と
声をかけてあげたい。。


f:id:m-hatch:20160206221906j:image

野原で一輪だけ咲く薔薇

深紅の色が懸命に存在感を主張しているようにも見えて…
健気でもあり逞しさを感じるのでした。



よ〜く見ると花芽が出て来ているようです。 ♪
鉢の中で年を超え芽を出し
二度目の春を迎える事ができそうです。
「でかしたね〜。」と褒めてあげたい。。

f:id:m-hatch:20160206221806j:image


土の中でじっと春を待っていたのですね。
何色の花びらなのか楽しみ 々 


夕方の空を見上げると静かに夕陽が沈み始め
雲と空の調和が神秘的な光景で広がっていました。

f:id:m-hatch:20160206221741j:image


雲の間から数本の光の線がまるで空まで届く階段のようです。

「明日も良い天気になりますように」と、
1日の終わりを告げる夕陽に向かって願うのでした。

そして、「明日も小さな幸せを感じて過ごせますように」の願いも込めて… 🍀

広告を非表示にする