読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

冬空の下で…

我が庭では、11月頃まで咲き続け、
葉のみに今では姿を変えてしまったのですが、
近くの散策路にはまだまだ頑張っているその花。

寒さに耐えながら咲いているのでしょうが、
その色は変わらない鮮やかな色。


f:id:m-hatch:20151221223332j:image

七変化

別名   ランタナ

その名のようにピンク色、黄色、クリーム色等と
次々に色を変えて咲き続けこの名前が付いたという事だそうです。


光に輝くように、
一色で咲いている花も見つけました。

f:id:m-hatch:20151221231302j:image

黄色い七変化(ランタナ)

はっきりとした色合いがこの花の特徴の様です。
いつまでも変わらない鮮やかさに溜め息が出そう。

初夏から11月初旬頃が開花時期なのですが、
今年はやはり暖冬の影響でしょうか?

冬の真っ只中へと入って行くこの季節に
今なお頑張っているのが健気に思えます。

頑張れ〜と応援したくなります。


まだまだ咲いていました〜

f:id:m-hatch:20151221232016j:image


比較的寒さに強く日当たりの良い場所に植えると
冬越しできる丈夫なハーブの一種です。

ナチュラルガーデンの寄せ植えにしたら
とても赤い色が映えるのでしょうね。



そして、いつも通る度に名前がわからない…?

f:id:m-hatch:20151221225353j:image

何の実なのでしょう?
少しずつ赤みを帯びて大きくなってきました。

落葉後、枝だけのようだったのですが、おやおや?
小さな粒から大きく成長しているでは❗️

新芽も見えるようになりました。
春に向かって変化していく様子を見届けようと
楽しみが増えました。



12月も半ばを過ぎ慌ただしい年の瀬がやって来ています。
まだまだ実感が湧かない呑気な私ですが、
この頃何だかそわそわ落ち着かなくなってきました。

こんな時こそマイペースで日々過ごさなければと、
人知れず賢明に咲く花を眺めては考えるのでした。
広告を非表示にする