はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

湖水地方生まれのピーター・ラビット その2

少年に送った絵手紙から生まれたピーター・ラビット
今年の9月4日で122年になりますが、2013年には120年を記念して
月刊MOE10月号に特集掲載されています。

f:id:m-hatch:20150903224814j:image

  月刊MOE  2013年10月号
「ピーター・ラビットに会いにイギリス湖水地方へ」


絵本ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポター
イギリスの裕福な家庭に生まれ育ちました。

毎夏避暑に家族でスコットランド湖水地方
長く訪れては動物たちのスケッチをしたり、
自然に触れる幼少期を過ごしています。

f:id:m-hatch:20150903230324j:image

その後絵本作家へとなり
絵本の印税などで憧れの湖水地方の農場を購入し
農場経営を始めるのでした。

都会で育ったポターにとって、農場を経営していく事は
なかなか大変な経験だったのではないかと考えます。

f:id:m-hatch:20150903230518j:image

やはり彼女も努力の人。

少しづつ農場を購入し広大な牧場となりました。

ポターの死後ナショナル・トラストに寄贈され
大切に保護・維持され、昔と変わらない風景が
現在も保たれ、毎年多くの観光客が訪れるそうです

f:id:m-hatch:20150903230421j:image


私にとってイギリス北西部に位置する湖水地方は憧れの地。
120年以上経ってもて未だ変わらない風景と
育っている花や植物、生き物
この目で見て触れてみたい〜。

ポターのお気に入りの家へ訪れたら
本物のうさぎのピーター・ラビットが迎えてくれるのでは・・・
なんて?想像してみるのです。

広告を非表示にする