はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

ターシャ・テューダー 生誕100年

ガーデナーであり絵本作家・挿絵画家で有名なターシャ。


2008年、92歳で生涯を閉じられてもう7年になりました。
今年で生誕100年になり、
各地で展覧会が催されています。
 
 
私が住んでいる福岡でも、
いよいよ福岡三越ギャラリーで
6月2日から14日(日)まで開催されています。
 
生のターシャの暮らしを見て肌で感じてきたいと思います。
 
※後日、行って参りました。

m-hatch.hateblo.jp

 

 
 
日本ではなかなか手に入りづらくなった彼女の絵本の紹介です。
 
 
f:id:m-hatch:20150605123301j:image
 
クリスマスのまえのばんーサンタクロースがやってきたー
クレメント・クラーク・ムア著
偕成社   1980,11  発刊
 
 
 
クリスマスのまえの夜、
靴下を用意して眠りについたこども達。
とうさんが窓からの音と光で目が覚め、
暖炉の影からのぞいてみると、
そこにはサンタクロースがプレゼントを靴下の中へ…
 
150年程前につくられたお話を
ターシャの挿絵で1980年に刊行されました。
このお話はサンタクロースが煙突から
やって来て、プレゼントを靴下の中へ。そして、そりに乗って帰る
というクレメントのお話がサンタ伝説として定着したそうです。
 
 
f:id:m-hatch:20150605163800j:image
 
さらにページをめくると…
繊細かつ可愛い挿絵に心惹かれます。
 
 
広告を非表示にする