はれトキドキはれ

ささやかな日常のさもない幸せを綴ります

置かれた場所で咲きなさい

ようやく迎えた休日。🌞

ここ最近、多忙な毎日が続き少々疲労感が…💦
そんな時私の元気になる言わばバイブルとも言うべき一冊です。
 
f:id:m-hatch:20150524000246j:image
 
渡辺 和子著   置かれた場所で咲きなさい    幻冬舎
 
渡辺和子氏は現在ノートルダム清心学園の理事長で、
敬虔なカトリック教徒であり、90歳近くにおなりですが教鞭をとられ、
多数の書籍を出版し、各地での講演もされています。
 
この本は題名通りに、
「自分らしくで良いんだよ、無理しないで自然体で大丈夫!」
と、励ます声が私には聞こえてきそうなのです。
そして元気を取り戻すきっかけになるのです。
 
私がかつて1970年代の大学生の頃、
幸運にも渡辺氏の講演を拝聴する機会がありました。
当時渡辺氏は40代で岡山ノートルダム女子大学学長に抜擢された頃で
しきりにこのような若い私が…と謙遜なさっておられました。
とても柔らかい物腰と優しい笑顔の素敵なお姿で引き込まれて
聴き入ったのを覚えています。
 
その講演の中で今でも鮮明に思いだすのは渡辺氏のお母様のお話をされたことです。
一人娘の自分がカトリックに入信しその世界に入った事。
その為随分淋しい想いをかけた事。等…
 
今は入院中で時々見舞いに行くのですと声を詰まらせ
涙を流されていたのを今でも思い出します。
私もお話に感動し涙があふれたのを今でも昨日の事のように思い出されます。
この本を読んでいるとあの時の光景が甦ってくるようです。
 
 
誰にでも大事にしている本をお持ちでしょうが、
一度手にとって読んでみていただきたいです。
きっと心穏やかになり元気になれる一冊になるのではと思います。🍀
 

 
広告を非表示にする